医者

健康寿命を伸ばせるアンチエイジングで美容効果を得よう

  1. ホーム
  2. クリニックで若返る仕組み

クリニックで若返る仕組み

ナース

サービスの内容とは

美容外科ではアンチエイジングの施術を受けることが出来ます。各クリニックに様々な手法を開発していますが、基本的に見た目を若返らせる手段は、いくつかのカテゴリーに大別することが出来ます。まず人が年齢を感じるのは、シワ・シミ・たるみなどの典型的な加齢現象であり、目立ちやすい部位は目元や口元など決まった部位です。その現象や目立ちやすい部位を改善するだけで、人の見た目は驚くほど若返らせることが可能です。美容外科では、そうしたポイントを踏まえて改善する施術を行うことで、的確にアンチエイジング美容を実現します。例えば、ほうれい線や目尻・眉間のシワなどを改善したり、老人性色素斑や肝斑を改善したりすることで、若々しい表情を取り戻すことが出来ます。二重あごや口角の下がりがあると年齢を感じやすい上に暗い表情に見えますし、フェイスラインのゆるみがあると、太っていなくても年齢太りをしているように見えがちですよね。美容外科の医師はそうしたポイントを的確に診断し、改善することでマイナス年齢を実現するノウハウと技術を持っています。また、美容外科の技術の進歩により、昔とは施術内容も大きく変わりつつあります。近年のアンチエイジング美容では、メスを使わない、切らない施術が非常に多くなっていて、患者側の負担も大きく軽減されるようになりました。ダウンタイムがほとんどない施術もあり、仕事をしながら誰にも気付かれずに整形することも可能となっています。メスを使わない施術の代表的なものは、肌を内側から改善する成分を注射することでシワを消す方法や、特殊な糸を埋め込むことでたるみを引き上げる方法などです。いずれも切開手術を行わないため、ダウンタイムがほとんどありませんし、自然な仕上がりで負担も軽い施術です。また、今では主軸となった医療レーザーなど、マシンを使った施術には即効性があり、アンチエイジング効果が非常に高いことが分かっています。PFやIPLなど、比較的面積の広い部位をケアするのに有効な手段であれば、部分的な施術ではなく顔全体を若返らせることも可能なので、印象を大きく変えたい時には有効でしょう。そして、もちろん従来通りメスを使った切る施術も受けることが出来ます。メスを使わない場合は、その効果の持続性には一定の制限がある場合がほとんどですので、半永久的に効果を持続したい場合は、やはり切開手術が確実です。フェイスリフトや脂肪の切除によるたるみ除去の他、自分の他の部位の脂肪を採取して必要な部位に注入することで、内側からふっくらと持ち上げる施術などもあります。まずはメスを使わない施術を行った後、段階を踏んで切開手術を受けることも可能でしょう。今では本当に数多くの治療法が確立されていますし、ひとりひとりの状態や希望に合わせて的確な手段を用いることで、とても自然に若さを取り戻すことが出来るようになっています。大切なのは信頼出来る美容外科を見つけることであり、症例を多く持つ実績のある美容外科医にかかることで、自分の理想を実現してくれる数多くの手段に出会うことが出来るでしょう。